• Akio Sashima

第79回 NO!と言える人間


秘書時代、ボスについて東北地方に出張に行ったときのこと。 交渉相手の怖い人たちと、蕎麦屋に入った。 ボスと相手グループは奥の席、私と先輩秘書は手前の席。 「ここに来たら、蕎麦と掻き揚げを食うんだべ」 有無を言わさず注文され出てきたのは、大盛りの蕎麦と手の平ぐらいの大きさの掻き揚げ。 結構美味い!と思いながら食べていたら、 「おい若いの、これやるからよ」 4枚も巨大掻き揚げが向こうの席からまわって来た。 そして先輩秘書がぼそっと一言。 「お前、残せないの、わかってるよな」 残すと失礼に当たるぐらいはわかりつつ、 伊良部そっくりの巨体の先輩が3枚は食ってくれるだろうと思っていたら 「俺、ダイエット中だから、よろしく」 「・・・」 一枚でも満腹なのに、あと3枚も食えるわけない・・・。 でも残すわけにもいかない。 必死に食べていたら 「おい、行くぞ。・・・お前、何枚食ってんだ?食いしん坊だな」 ボスも薄情・・・。 でもNOと言えない辛さは、ボスも先輩秘書も若いときに経験済みなことは 耳にたこができるほど聞いている。 だから文句は言えない。 しかし、殴られるのを覚悟でNOと言わなければいけないときはある。 交渉も無事終わり、帰途につこうとしたとき ボスが怖いことを言った。 「おい佐島、あの親分が『いい若いの連れてるな。うちにくれよ』だってよ。残れ!」 「いえ、遠慮しておきます!」 間髪いれず答えたら、側にいた下っ端の怖い人がすかさず 「なんでー、もったいない。俺だったら、即決で残るな」 お前と一緒にするな。 ボスが黒といったら、白いものでも黒になる。 この世の中には、そんな世界がいくらでも存在する。 でも、そんな世界にいても、NO!と言える勇気は必要。 じゃないと人生が狂う。

#コラム

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年
外資向けリクルーティングと日本市場参入支援をベースとしつつ、国内の外国人起業家との協業、ヒューミントによる情報調査、そしてお洒落なガテン系のコンテナハウスなどを展開中!

★ブロックチェーン・プロジェクト:海外ブロックチェーン・プロジェクトの日本市場向けプロモーションと、国内プロジェクトのグローバル展開を支援。後者では、国内外のブロックチェーン開発、コンサルティング、アウトソーシング企業はもちろん、ICO/STO/IEOサポート、マルタなどでの法人設立/法務・税務、VC/機関投資家、海外市場向けマーケティングなど、各業界におけるトップクラスの専門企業をご紹介しています。いま一番ホットです!


★人材ビジネス:2002年から続けているベースとなる事業。最近はほぼ人材紹介というより少数の企業のためにインハウスでのリクルーティング/採用代行がメインです。

★マーケットエントリー・コンサルティング:外資の日本市場参入をサポートします。主にイスラエル企業にフォーカスしています。

 

★ビジネス・インテリジェンス:海外では諜報機関OBが活躍する業界ですが、その中の大手数社とともに国内外のクライアントのための情報収集業務を行っています。


★コンテナハウス・プロジェクト:世界中のクリエイターが注目するコンテナを活用した建築物「コンテナハウス」。違法なものが多い中、日本で初めて建築許可を取得した2階建てコンテナハウスを皮切りに、日本全国でIron House Tetsuyaブランドとして展開中!

Copyrights (c) Akio Sashima  All Rights Reserved.