• Akio Sashima

人が役に立つか立たないかの分かれ目は、その人にストレス耐性があるかないかなのだ。


・私は20代で先輩達と立ち上げた会社の経営で苦労した。そして産業再生機構で経営破綻した企業の再建にかかわり、いまの時代にしては修羅場をくぐってきたほうなのでよく分かる。それは、人が役に立つか立たないかの分かれ目は、その人にストレス耐性があるかないかなのだ。

頭がいいとか悪いとか関係なく、ストレス耐性のない人は、本当に戦ってほしい局面で機能しなくなる。むしろ典型的なエリートほど、ストレス耐性がない局面が多く、現場から引き上げてもらったことが何度もあった。

冨山和彦『指一本の執念が勝負を決める』

#本 #賢者の言葉

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示