• Akio Sashima

セミナー情報:欧米では当たり前!自社のファンを増やす「タレントプール」という採用手法を知る  6月1日(木)18:00~


株式会社JIN-Gさんと一緒にセミナー開催をします。4月に引き続き、第2回目となります。

欧米では当たり前!自社のファンを増やす「タレントプール」という採用手法を知る

■日時 : 6月1日(木) 18:00 - 19:30 ■会 場 : 人事の大学本校 東京都港区北青山3-8-4 サンテックス岡本101 ※東京メトロ 銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅 ※表参道駅 B2出口 徒歩3分、B5出口 徒歩1分 (申し込み人数によって表参道付近の別の会場へ変更する可能性がございます) ■受講料:無料 ■定員:20名 ■対象: ・企業の経営者の方 ・採用に関する業務をされている方 ・現在の採用活動に課題を感じている方 ・採用におけるコストダウンを模索されている方

採用の次の一手は採用ブランディングとタレントプールの形成にあった

求人サイトからの応募数や質が落ちてきた、

何とか採用できた人材がミスマッチで退職してしまった、

エージェントや人材紹介会社経由では良い人材が来るがコストがどうしても高い。

採用担当者様とお話しをするといつもこんな話しになってしまう事が多くなります。

リファラル採用や採用ブランディングなど新しい取組みをスタートしている企業も増えている中、欧米では一般的な採用手法であるタレントプールを構築する流れを日本でも聞くようになってきました。

それではなぜ欧米ではなぜタレントプールが一般的なのでしょうか。実は採用ブランディングとタレントプールは切っても切れない密接な関係で効果を発揮する採用方法だったのです。

採用ブランディングとタレントプールによってミスマッチを減らし、採用コストを下げ、短期採用を可能としながらファンを増やしていくそんな採用が可能となります。

今回はそんな採用ブランディングとタレントプールについて従来の採用方法との違いや実際の構築運用方法など具体的にご紹介していきます。

寺師 岳見 株式会社タレントクラウド 代表取締役

マーケティングプラットフォーム開発会社にて、SNSやコミュニティを活用したマーケティングリサーチの企画・運用などに従事した後、Webメディア運営会社を経て、株式会社タレントクラウドを設立。タレントプールの構築に特化したマーケティング志向の採用支援ツール「TalentCloud」を開発・提供する。

三城 雄児 株式会社JIN-G代表取締役

株式会社JIN-G代表取締役社長。組織人事戦略コンサルタント。国内・外資系コンサルティング会社数社に勤務。2009年7月にコンサルティングと教育を行なう事業会社を設立、現在に至る。

本セミナーで学べること ・採用ブランディングとは ・採用ブランディングで変わる採用 ・タレントプールとは ・なぜタレントプールが採用の次の一手となるのか ・タレントプールで採用する為の具体的な方法 ・既存の採用活動にタレントプールをどう活かすか

お申込みはこちらから

http://j-daigaku.com/lesson/st_de_409.html

#タレントクラウド #タレントプール

5回の閲覧0件のコメント

2020年
外資向けリクルーティングと日本市場参入支援をベースとしつつ、国内の外国人起業家との協業、ヒューミントによる情報調査、そしてお洒落なガテン系のコンテナハウスなどを展開中!

★ブロックチェーン・プロジェクト:海外ブロックチェーン・プロジェクトの日本市場向けプロモーションと、国内プロジェクトのグローバル展開を支援。後者では、国内外のブロックチェーン開発、コンサルティング、アウトソーシング企業はもちろん、ICO/STO/IEOサポート、マルタなどでの法人設立/法務・税務、VC/機関投資家、海外市場向けマーケティングなど、各業界におけるトップクラスの専門企業をご紹介しています。いま一番ホットです!


★人材ビジネス:2002年から続けているベースとなる事業。最近はほぼ人材紹介というより少数の企業のためにインハウスでのリクルーティング/採用代行がメインです。

★マーケットエントリー・コンサルティング:外資の日本市場参入をサポートします。主にイスラエル企業にフォーカスしています。

 

★ビジネス・インテリジェンス:海外では諜報機関OBが活躍する業界ですが、その中の大手数社とともに国内外のクライアントのための情報収集業務を行っています。


★コンテナハウス・プロジェクト:世界中のクリエイターが注目するコンテナを活用した建築物「コンテナハウス」。違法なものが多い中、日本で初めて建築許可を取得した2階建てコンテナハウスを皮切りに、日本全国でIron House Tetsuyaブランドとして展開中!

Copyrights (c) Akio Sashima  All Rights Reserved.