• Akio Sashima

「つながり深化」編 ①社内にコワーキングスペースを創る - タレントクラウド運用のヒント


タレントクラウドはその名の通りクラウドですのでオンライン上にあります。

ここでチャットを通して気軽にやり取りをして、つながりを保つのも大事ですが、より関係性を深化させるためには直接会う機会を設けることが大切なのは言うまでもありません。

その中でも一見かなりハードルが高いと思われるのが、「社内にコワーキングスペースを設けて、自社タレントクラウド登録者に自由に使ってもらう」というもの。

これがあると気軽に会社に来てもらえて、社風も伝わります。べつにいつも何かイベントを行う必要もないので、お互いに気楽ですし、スペースさえあれば、それほど負担にもならないはず。

もちろんただオープンしただけでは人は来ませんが、工夫を凝らして色んな人が来るようになれば、企画に煮詰まった社員が入っていって、ちょっとブレストでもしてみたりすると、思わぬアイデアがふっと浮かんだりするかもしれません。

セキュリティーはどうするんだ?と言われそうですが、そんなの何とでもなるでしょう。あくまで登録者ですので、身元は把握済みです。

ヤフージャパンさんが始められた「LODGE」は巨大ですが、ここまでする必要はありません。というか、できないのが当たり前。、

https://lodge.yahoo.co.jp/

このあたりの動きでは先駆け的なLiBさんの「LiBz Meet Up Café」も非常に参考になります。

http://yosuke-lib.hatenablog.com/entry/2015/03/30/082655

一番最近では、シンクスマイルさんも始められてます。

http://shinagawa.keizai.biz/headline/2774/

こうなってくるともう、やらなきゃ損みたいな感じがしてきませんか?

ちなみに私はかつて白金の一軒家を自宅兼オフィスとしていた時に、結構な頻度で交流会を開いていましたが、昼間にも営業の合間に色んな人がスタバ代わりにフラっと立ち寄って、色んな情報を持ってきてくれていました。

そういうのって大事です。

#タレントクラウド #タレントプール #タレントクラウド運用のヒント

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示