• Akio Sashima

WOWOW ノンフィクションW ヒッチコック幻の映画 〜最期に仕掛けたサスペンス〜


制作協力させていただきました。ちゃんとクレジットに名前も出ます。

是非ご覧ください。

「ノンフィクションW ヒッチコック幻の映画 〜最期に仕掛けたサスペンス〜」

3/4(日)よる9:00 WOWOWプライム 初回

3/8(木)深夜1:00 WOWOWプライム

サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコック。彼には最後に撮りたい映画があった。脚本、絵コンテなどの世界初公開資料と、当時のスタッフの証言から幻の映画に迫る。

20世紀を代表する映画監督のひとり、アルフレッド・ヒッチコック。彼は生涯で53本の映画を監督したが、実は54本目の製作にも着手していた。脚本は完成、キャストの選考も進められ、資金もスタジオも準備万端。だが、この作品は撮影されなかった。今も存命である2人のスタッフの証言と世界初公開の資料から幻の映画に迫る。 その作品『ショートナイト』の原作は、作家ロナルド・カークブライドの同名小説。ソ連のスパイがイギリスの刑務所から脱獄した実話をもとにしたスパイスリラーだ。ヒッチコックは派手なスパイアクションが注目を集めるようになった1960年代後半、ヒットが出ずスランプに陥る。そんな時出会ったのが「ショートナイト」だった。プロデューサーのトム・マウントは、ヒッチコックは人生の集大成のような映画を撮りたかったのだと語る。脚本制作に着手したヒッチコックは、当初旧知の脚本家アーネスト・レーマンに依頼。だが、出来栄えに満足せず若手のデヴィッド・フリーマンに託す。2人は1978年12月から6カ月間会議を重ね脚本を作り上げていった。1980年に逝去するまでヒッチコックの近くにいたフリーマンが、脚本作りに没頭した日々やヒッチコックの最晩年を証言する。 番組では、アメリカの映画芸術科学アカデミーの図書館に遺族から寄贈された『ショートナイト』の絵コンテや手書きのキャスティング案、脚本などを世界初公開する。

http://www.wowow.co.jp/detail/111550

#通訳翻訳

26回の閲覧

2020年
外資向けリクルーティングと日本市場参入支援をベースとしつつ、国内の外国人起業家との協業、ヒューミントによる情報調査、そしてお洒落なガテン系のコンテナハウスなどを展開中!

★ブロックチェーン・プロジェクト:海外ブロックチェーン・プロジェクトの日本市場向けプロモーションと、国内プロジェクトのグローバル展開を支援。後者では、国内外のブロックチェーン開発、コンサルティング、アウトソーシング企業はもちろん、ICO/STO/IEOサポート、マルタなどでの法人設立/法務・税務、VC/機関投資家、海外市場向けマーケティングなど、各業界におけるトップクラスの専門企業をご紹介しています。いま一番ホットです!


★人材ビジネス:2002年から続けているベースとなる事業。最近はほぼ人材紹介というより少数の企業のためにインハウスでのリクルーティング/採用代行がメインです。

★マーケットエントリー・コンサルティング:外資の日本市場参入をサポートします。主にイスラエル企業にフォーカスしています。

 

★ビジネス・インテリジェンス:海外では諜報機関OBが活躍する業界ですが、その中の大手数社とともに国内外のクライアントのための情報収集業務を行っています。


★コンテナハウス・プロジェクト:世界中のクリエイターが注目するコンテナを活用した建築物「コンテナハウス」。違法なものが多い中、日本で初めて建築許可を取得した2階建てコンテナハウスを皮切りに、日本全国でIron House Tetsuyaブランドとして展開中!

Copyrights (c) Akio Sashima  All Rights Reserved.